大阪の京橋駅近く、貸しギャラリー・貸し教室・展示室など・・憩いの場所を提供させていただいております。

お申し込み

今月の一句

新茶  しんちゃ   初夏
  

「夏も近づく八十八夜」の唱歌に言うように、晩春、初夏の候に摘んで製造した今年の茶を言う。
初夏のころ、市場に売り出され、走り茶とも言い、その香りは新鮮である。
諸国の茶どころのうち、宇治を冠とし、産額では静岡を最とする。その他、近江信楽、 筑後八女、肥前嬉野、武蔵狭山など茶どころとして知られている。
鎌倉時代の初め、栄西 が宋から将来したのが最初とされる。
茶は太陽の直射が強いと香りが失せるから、霧の深 い水辺に近いところの茶が良しとされる。


新茶の
 香り真昼の
  眠気転じたり

   一 茶

過去の展覧会案内
〒534-0024
大阪市都島区東野田町

2-8-13

MICHIKI BLD. 2F
TEL 06-6351-3134
営業時間 11:00 ~ 18:00

最終更新日 2022年07月13日

------------------------


------------------------


いろんな楽しい絵画がかけられております。
「居酒屋 やいと」

展覧会案内

その他展覧会・詳しい展覧会情報

京橋画廊展覧会全体日程を見る



現在、京橋駅周辺(ダイエー・イオンなどの部分)が当面の間、工事中となりご不便をおかけいたします。 京橋画廊へのアクセスはこちら

8月1日(月)~8月17日(水):夏期休廊


※コロナ禍の状況におきましては、
  予定の変更があり得ますのでご留意ください。!

■ 大阪文化芸術創出事業(活動支援)
    補助金にかかる施設に登録しました!

「手話の世界 2021.6.21」
京橋画廊ブログ、見・聞・伝

京橋画廊ブログ・見・聞・伝

「京橋画廊において、手話教室の講座があります。
このような記事があり、新しい取り組みと感じながらも、なぜ、今更との思いがあります。当然と思いながらも、なかなか普通には受け止められないことのようです。
このようなことが、新聞記事に掲載されたことにより、何とか日の目を見たように感じました。」

教室あんない