大阪の京橋駅近く、貸しギャラリー・貸し教室・展示室など・・憩いの場所を提供させていただいております。

お申し込み

今月の一句

新茶  しんちゃ 初夏 

「夏も近づく八十八夜」の唱歌に言うように、晩春、初夏の候に摘んで製造した今年の茶を言う。初夏の頃、市場に売り出され、走り茶とも言い、その香りは新鮮である。
諸国の茶どころのうち、宇治を冠とし、産額では静岡を最とする。その他、近江信楽、筑後八女、肥前嬉野、武蔵狭山など茶どころとして知られている。
鎌倉時代の初め、栄西が宋から将来したのが最初とされる。「茶」とは漢語であるから和歌には作例なく、俳諧時代になってからである。


新茶の
  香真昼の眠気転じたり
         一 茶

過去の展覧会案内
〒534-0024
大阪市都島区東野田町

2-8-13

MICHIKI BLD. 2F
TEL 06-6351-3134
営業時間 11:00 ~ 18:00

最終更新日 2021年06月14日

 

 

------------------------


作家の器や、アンディレイキが飾られているお店です。
「居酒屋 やいと」

展覧会案内

その他展覧会・詳しい展覧会情報

京橋画廊展覧会全体日程を見る

「‘20.10.1/アロマオイルの講習を実施」
京橋画廊ブログ、見・聞・伝

京橋画廊ブログ・見・聞・伝

「長い間、コロナ感染症拡大による不安が続いておりますが、
いつまでもじっとしてる訳にはおれません。
だからと言って、以前と同じような行動、姿勢ではいけませんが、
それぞれが気を引き締めての取り組みが求められます。
京橋画廊としましては、新たな気持ちでもって対応、対処しながら
作家の意向も踏まえて「京橋画廊二十周年記念」を機会に再開し
ていきたいとの思いをもって、覚悟して取り組んでいく所存で
ありますので、ご支援、ご協力、よろしくお願いいたします」

教室あんない

----------------------------------------------------------------